H8年より10数年フィガロが私の愛車だった。
この春から貧乏学生の三男が大切にのってくれている。
(ただし、費用は私持ち・涙)

まあ、人間と一緒に年をとったのでしょうかね・・・・
だだをこねて、窓は閉まらなくなる、水蒸気が噴出す・・・。
万札に天使の羽がはえて飛んでいってます。

あのかわいい車に体育会系の息子が乗ってます。
笑えるよ! 


     椅子リメイク

この椅子は私の両親が40年以上前に買ったものです。
某家具メーカのグッドデザインをとったものだけれど高価なものではありません。
座面は10年ほど前にはりかえました。

テーブルを栗の無垢板で作ったとき、椅子まではそろえるゆとりがない。
そこで、ウレタン塗装をばりばりとはがし、細かいとこはサンドペーパーを
かけ、オイルを塗って、リメイクしていただきました。
木の生地がやさしく、むくの天板にぴったり。1脚数千円でできました。
きっと、私が一生使うでしょう。


時々椅子の張替えのお仕事があります。打ち合わせをしてても
やさしい気持ちになります。

最初に家具をそろえるとき、値段ははっても、ながーい時間で
考えてみてください。すぐ捨ててもいい、買い換えるから・・・・と
考えないでくださいね。
物を大切に扱う気持ちが育ちます。心が豊かになります。
思い出の詰まった家具を大切につかってくださいね。

これもエコです。








スポンサーサイト
2009.10.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://blogsanaeic8220.blog95.fc2.com/tb.php/85-d0e43ec4