1件ずつ表示 
2009.03.23 Mon

よかった!   3月23日

土曜日、食欲がない。大好きなコーヒーも飲めない。
腹痛と寒気とになんとなく恐れながら岡山の現場に向かう。
やっぱり普通じゃあない、病院にいかなくちゃ・・・
現場もそこそこに病院へ。
CT,血液検査、点滴。腹膜炎をおこしているらしい。
結果次第で入院だとか。私も人並みに病気するんだわ。
月曜日、大きな仕事のプレゼンがある。はってでもいかなければ。

今日、もう一度点滴、検査。おかげで白血球が5000までさがっていた。
入院しなくていいですよと先生の笑顔。私も満面の笑顔。
よかった!プレゼンもうまくいった。よかった!


ウイーンの想い出(16)   小林さん大活躍!
お腹も落ち着いてきた。辺りを見渡す。
後期高齢者(失礼)のご夫婦、お食事が終わられた。ご主人が奥様に
コートを着せ掛けられる。素敵ね・・・・・
こちらでは男性が一人でワインをお楽しみ。
奥では、5,6人のおじいさま、おばあさまのグループ。
青春中かしら。楽しそう。
ガイドブックに載らない、地元の人たちのレストラン。とても美味しくいただきました。
お会計をしなくてはね。  小林さん、まず ”すみませーん”と呼びかける。
ウエイトレスさんに”フィニッシュ!合計!会計!”と手を振り、目を見つめ
必死で訴えている。小林さんが必死になればなるほど、ウエイトレスさんは
あとずさる。見てるほうは笑える、笑える。
ワインを楽しまれていたおじさま。見かねたのでしょう。
ウエイトレスさんに何か言って下さった。
”おー!”とかわいいしぐさで肩をすくめてる。
隣の彼もきっと独自の判断によるのよね。

もういちどシュテファン大聖堂を訪れる。エレベーターで屋上にあがり
ウイーンの街を見渡す。レクイエムが鼻歌で出てくる。
聖堂に入りゆっくり見学。演奏会は本当の出来事?夢ではないの?
こんな立派なところで歌わせていただいたの・・・・
あらためてそんな想いを胸にシュテファンを後にしました。
アンカー時計を見て、守屋さん、Hさんは夜オペラの予定、Wさんはお疲れ
なので先にホテルに帰られることになった。
小林さんと街歩き。路地裏で見つけました!!うれしい。
明日ゆっくり見にこよう。設備機器のショウルーム、照明・家具のお店もある。

屋根
シュテファンの屋根


      照明

      ルイスポールセン  有名な照明器具です。









スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (1) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

またまた大丈夫ですかぁ~
あまり無理せず休養してくださいねi-257
実は私も昨日から歩くのが苦痛な状態ですi-238i-238
腰ではないようですが坐骨かも?かも?・・・
体は健康が一番ですね・・・動かなくなって初めて実感してしまうi-229
歩き方が“変”と皆に笑われていますi-179

ウィーンの思い出毎回楽しく読んでますよ!
とてもお茶目な佐藤さん達の姿が想像できますi-185
次回もたのしみ!


この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://blogsanaeic8220.blog95.fc2.com/tb.php/34-c2a57e65

この記事に対するトラックバック: