またまた    3月7日

またまたやってしまいました。ぎっくり腰。
なにげに立ち上がりギクッ。
涙、涙でベッドの中です。

フィンランド旅行の前日,お風呂のふたを開けようとしてギクッ。
いまさらキャンセルなんかできない。コルセットをギュウギュウに
しめあげて行ってきました。それ以来、コルセットは旅行の必需品。
これからは杖も持っていこうっと。

倉敷市民会館のステージ直前、原因は忘れたけれど、リーハーサル、
本番とも杖をついて出た。休憩の時、皆様座られるのだけど、私一人
杖をついて立っていた。    恐ろしや、女の執念!!!!

今一番したいこと。   大きなクシャミ。

ウイーンの想い出(12)
カールスプラッツ駅の地上にでました。

”オペラ座があっちだから、あっち向いて行けばいいわ。”と 守屋さん。
フンフンなるほどそうなのね。何の疑いも持たない私たち。何も考えない私たち。
だがしかし、オペラ座はあらわれない。少し不安になる。
ここはどこ?と通りすがりのかたに伺う。全然反対方向に歩いている。

さあ、気持ちを立て直して何とかしなくては。
楽友協会が見つかった。そこから地図をたどっていけばいい。
だが責任を感じて、守屋さんがパニクッてしまった。
路地に入ってはだめと叫ぶ私の声も聞こえず?突入。そこは行き止まりの
駐車場。地図を示し、チケットを見せ、たずねたずね、わからない言葉を独自
の判断で理解し(特技になりそう)、やっとたどりついた王宮。
階段を上がる足はもつれ、息は切れ、壁にすがりつきながら上がって行った。
席に着くなり礼拝がはじまった。よかった、よかった。

厳粛な雰囲気で礼拝が進む。ウイーン少年合唱団の生演奏。日本人の
けんし君がいる。彼は小学校4年生ぐらいかな?
一人でオーストリアに来て歌っているとTVで見たことがある。何だかいじらしい。
信者ではないけれど、心洗われるようなひと時。

帰りにCDを売っている。この写真の男の子が、"ぼくがソロをしているので
買ってほしい"と一生懸命話しかけてくる。(私独自の判断による(笑))
タイトルはシルクロード。買いました。
帰国して聞いてびっくり。旅愁とレクイエムのDies iraeがシルクロード風にアレンジされ
入っていた。BGMで時々楽しんでいます。

王宮
     王宮の礼拝堂


ウイーン少年

       ツーショットです
     







スポンサーサイト
  •   07, 2009 20:34
  •  3
  •  0

Comment 3

Sat
2009.03.07
21:28

乙女の子  

大丈夫ですかぁ~i-259

杖をついている佐藤さんが想像できません・・・・・・i-229
でもでもウィーンのお話は面白いです。毎回楽しみにしてますので早く続きをお願いしますi-179

2009/03/07 (Sat) 21:28 | REPLY |   
Sun
2009.03.08
08:33

小林十四恵  

ギックリ腰大丈夫ですか杖を付いてステ-ジに出た佐藤さんを知ってるだけに...無理されませんように!!!

2009/03/08 (Sun) 08:33 | REPLY |   
Sun
2009.03.08
22:53

きっかわ   

ウィーンの素敵なご報告、毎回楽しませていただいています!
一つ一つの記事にその時の空気までも一緒に蘇ります。
本当に素晴らしい旅を与えていただきましたね!!
ギックリは本当にツライですねー。私も毎年です。
体からのメッセージですから聴いてあげてくださいね。
くれぐれもお大事に!!

2009/03/08 (Sun) 22:53 | REPLY |   

Leave a comment