私、こんなことになっています。

   手術
手根管症候群の手術を受けました。

簡単に手術の流れをお話いたしましょう。(興味ないか・・・

手術室に入る前に肘から下を2度洗い。
指の間や手首、爪ブラシで爪を丁寧に洗います。
洗った腕は、緑色の布でくるまれました。


ベッドに寝かされ長い廊下を進んでいきます。
何だかTVの1シーンみたいでした。(気楽なもんでしょ)

手術室はクリーム色の壁、白い天井、BGMにクラッシックが流れています。
心電図、自動血圧計がとりつけられました。
こうこうとあかりがつきました。

何重にも手から腕に布か何か巻かれ、手首に何か書いてる様子。
ああ、切るとこをマーカーしてるんだ。

”痛み止めをいれますよ”
”先生血圧が高いです。198あります”
”緊張してるんだね・・・・、楽にしててよ”

私、ドンマイドンマイ・・・と思ってたけど、本当は乙女の心を持ってるんだ。
楽にして・・なんてとうてい無理

左側にスクリーンがある。
ナガーイマカロニみたいな管。所々赤い。血だな。
時々、手のひらが、うめき声を上げるぐらい痛い。
(あとで聞くところによると、腱を切った?ひっぱった?)

30分ぐらいの手術です。

熱がでて、手がはれて、一日ウトウト眠っていました。
でも、今日はこうしてパソコンにむかうことができました。
指が動きます。ねじれるととても痛いです。
しびれが軽くなったような気がします。

普通1週間は入院が必要な手術らしい。

”いい先生がいらっしゃいますよ。日帰りも可能かもしれませんよ”と
かかりつけの病院で紹介いただいた日赤の小西池先生。
この病気のスペシャリストです。
出会いに感謝です。

落ち着いたら左手も受けます。


今日は旅日記はお休みです。














スポンサーサイト
2011.08.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://blogsanaeic8220.blog95.fc2.com/tb.php/222-e8652fda