201709<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
文章ここからのフリースペースです。
息子夫婦が天橋立にでかけた。
吉村順三が設計した文殊荘。私のお薦めでかにを食べに
いってる。この5年の間、私の両親の介護にあけくれ、
二人の手助けなしには乗り切れなかった。
ぎりぎりまで自宅で過ごさせることができ、二人に感謝している。
ということで、私からのささやかなプレゼント旅行。
子供たちをあずかり、けっこう私は楽しんでいる。
明日はおいしいお味噌汁をつくって、送り出しましょう。


ウイーンの想い出(7)   何がなんでも!
リハーサルが終わった。後になって福島先生がおっしゃったこと。
コーラスに奇跡がおきている・・・・・

集合まで2時間ほど時間がある。mさんがホテルザッハーに
ザッハートルテを食べに行こうと誘ってくださった。
彼女はウイーンを何回か訪れている。おすすめのカフェだとか。
お弁当もいただいたのだけど、ウイーンに来たからには
トルテを何が何でも食べなくちゃ・・・ということで、小林さん・mさん・
Hさんとホテルに向かう。

なんと並んでる。あきらめないぞ。時計をながめながらがまんの人になる。

案内されたのは、夏はオープンカフェになるのだろうと思われる窓際の席。
優雅ってゆうのはこんな雰囲気のことをいうのかしら?
ゆったり流れる時間、豪華なインテリア。人々はお茶ももちろん、
この空間に身をおくことを楽しんでいるいるように思える。
生クリームがたっぷり添えられたザッハートルテ。
ウインナーコーヒーといただく。
とろけるようなチョコレート!  最高!
後日、お土産用に求めました。
、“世は満足じゃ"の心とおなかを抱えクアハウスに戻った。
衣装に着替え、みなさんでお祈りをささげる。
コンサートの成功はもちろんのこと、こまやかな心配りで私たちをひっぱって
くださったKさんに、アルトを見守ってくださるsさんに、ピアニストのOさんに
感謝をこめて。8時20分   いよいよ聖堂に向かいます。



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

トラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)