1件ずつ表示 
2010.09.08 Wed

2000円/一日!

ゴンゴン会のるりるりちゃんと、我が家お花隊の板谷さんと
3人で一日お出かけでーす!

まず”白洲次郎と正子の世界”   岡山天満屋

私は白洲正子にとても惹かれてて、数年前には住まいの武相荘を訪ねたり、
婦人の友の随筆や著書をよんだりしてきました。
今も日本のたくみという本を読んでいます。
美しいものは生活のなかでつかわれてこそ光り輝く。
民芸の心にも通じるものがあり、正子の審美眼がとても興味深いのです。

     白洲


つぎはお楽しみアフレンツエでランチ。
るりるりちゃんと板谷さん。しきりに夏バテで食欲ないのよね・・・と言い合ってる。
佐藤さん、食欲落ちないのすごいよね・・・

お二人のプレートには、パンが3個も乗っかっています。
私は1個。これを食欲がないと言うのかな?(笑)
おいしくいただきました。


つぎは今日のメインのとある雑貨屋さんへ。
仕事仕事バージョンね。


しめて、入場料とランチで2000円
なんと有意義でやさしい(お財布に)一日なのでしょうね。


数年前、渾身の力をこめ、2年近くかかってまとめさせていただいた
物件があります。久々にアフターをかねて遊びに行かせていただきました。

お施主様が”佐藤さんが言ってたことが今になって理解できる。
一緒にいてくださってよかった”とおっしゃってくださり本当に
うれしく思いました。
少しずつご紹介させていただきますね。

T様邸  第1回

     高田
私のデジカメでは全景がはいりません。植栽も落ち着いてきています。
手前の背の高い木の後ろが勝手口です。


高田2
門です。








スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://blogsanaeic8220.blog95.fc2.com/tb.php/161-80282739

この記事に対するトラックバック:

日本民芸運動と浜松

 私はやはり工芸に関心があるんだと思います。白洲正子さんの「日本のたくみ」(新潮社 1981)は20代の頃に出逢い白洲正子さんに興味を持つきっかけになった本ですし、「西洋工芸史―古き良き生活文化への誘い」(若宮信晴 文化出版局 1987)なんて本を読んで勉強し?...