きょうは素敵なタイルをお見せいたしましょう。
和風テイストの物を選んでみました。

このボーダーは目地を工夫すると、とてもモダンなかっこいい
仕上がりになります。
たいる


これはまぼろし?のタイルです。工場で長いこと眠っていたタイルです。
この深い、微妙な色合いが現在の技術では表現できません。

今日の打ち合わせでみどりのタイルが、トイレ手洗いのカウンターに
採用になりました。

在庫限りの、二度と制作できない貴重品です。
タイル1

使い勝手のいい大きさの床タイル。
どの色もニュアンスのいいこと!
たいる3


私が一目惚れしたタイルたち。
無地のタイルにドイツのガラスを乗せ、もう一度窯に入れてとかします。
白は和紙のように、ピンクは桜のはなびらのようです。
どの色も微妙なめずらしいものです。
小さい方は大きさもめずらしいです。
タイル4


タイルは、ユニットバスやキッチンボードなどの進出で
出番が本当にすくなくなりました。

皆さんが一番気になさる目地の汚れ!
ノンノンですよ。
カビや汚れがつきにくく改良され、キッチンなどの汚れがつきやすいところは
最初からグレー目地で目立たなくしてしまいます。

タイルをどこかに、少し使ってみてください。
あなただけの、こだわりコーナーが生まれますよ。








スポンサーサイト
2012.06.26 / Top↑